一般歯科、口腔外科、小児歯科、インプラント治療、
入れ歯、矯正歯科のよしだ歯科診療室

よしだ歯科診療室

提携駐車場ございます
ご予約はこちらから
求人情報

よしだ歯科診療室

MENU

口腔外科・噛み合せ

Oral surgery

Occlusion

 

口腔外科とは

口の中だけでなく、顎(あご)や唇、舌及びそれらにかかわる関連器官を対象とする診療科で、口の中にできる腫瘍や口蓋裂の手術、顔面神経麻痺、外傷による顎関節症の治療、口臭症など内科的治療のほか、一般歯科と同じように虫歯や歯周病の治療も行います。

口の中に疾患があると、食事がうまくとれなかったり会話が困難になったりするほか、見た目の美しさにも影響を与えます。口腔外科では疾患を直接治療するだけでなく、審美的手法も取り入れた治療にも取り組んでいます

主な治療内容

抜歯

「口腔外科で親知らずを抜歯した人が周りにいる」という方も多いのではないでしょうか。ひと言で抜歯といっても、難抜歯、埋伏歯・親知らずの抜歯など、さまざまな症例があります。

口腔の炎症

口腔の炎症が歯を原因とする場合、歯肉などに炎症が生じたりします。歯根の先や歯の周囲から細菌が侵入して感染してしまうためです。

原因となる歯の治療は、再発を防いだり顎の炎症の重症化を防ぐ上でとても大切です。歯を原因としない場合、「口内炎」と呼ばれるものが一般的で、舌、頬、唇などの口の粘膜に炎症が生じます。

口腔の腫瘍

口の中には、内臓同様、様々な腫瘍が生じます。悪性腫瘍(口腔癌)の発生も多く認められ、舌、歯肉、頬粘膜、顎骨、唾液腺などに生じます。一般的には、しこりを伴うただれやこぶが見られます。

顎顔面の外傷

「顎顔面外傷」は、顔の皮膚・口の中の粘膜の損傷、顎顔面骨の骨折、歯の破折、歯の脱臼など顔面に負った外傷のことです。原因は、交通事故、作業中の事故、転倒、殴打など様々です。

負傷した部位にもよりますが、審美面での変化も問題となります。早期治療を行うことで機能・審美性の回復も可能ですので、お早めにご相談ください。

口腔粘膜疾患

「口腔粘膜疾患」とは、歯肉、舌、頬など口の中の粘膜に発症する病気です。よく見られる症状として「口内炎」「前癌病変」「口腔癌」が挙げられます。

親知らず

親知らずは、みがきにくい場所にあるため、みがき残しが原因でむし歯になりやすい歯です。

生まれながらに親知らずが生えない方もいますし、レントゲンを撮って初めて、歯ぐきの奥の方にある事がわかる方もいます。

生え方が悪いと、隣の歯に当たり痛みが発生することがあり、抜歯をした方が良い場合もあります。当院では正確な診断と治療を行っております。他院で抜歯を断られた方も、ぜひ一度ご相談ください。

顎関節症

下記は顎関節症の3大症状といわれています。

  • 口を開けるとき、耳の前あたりでカクッというような音がなる
  • 口が開きにくくなった
  • 口を開けたり閉じたりするときに顎が痛む

顎関節は耳の前あたりにある関節です。かみ合わせなどが理由で関節円盤(軟骨)を支える筋肉に緊張が加わると、下顎頭の動きにあわせて関節円盤が動かなくなり、痛みや関節音、口が開きにくくなるという症状が現れます。他にも、生活習慣やストレス、姿勢の悪さなど原因は様々です。

かみ合せとは

当院ではかみ合わせ認定医の院長が治療を行います。

上下の歯の接触をかみ合わせといいます。正しいかみ合わせは上下の歯の力を分散しますが、このかみ合わせが悪くなると、噛む力が傾いた歯などに負担をかけてしまい、さらには様々なお口のケア、全身にも問題が出てきます。

かみ合わせが悪いことによって発生する問題

  • 歯みがきなどのケアが上手にできなくなり、むし歯や歯周病になりやすくなる
  • 上手に噛めなくなり、胃腸への負担がかかる
  • 顎関節症になりやすくなる
  • 全身のバランスが悪くなり、頭痛や肩こりなどになりやすくなる

かみ合わせが悪くなる原因

かみ合わせが悪くなる原因はいくつか考えられます。

  • 親知らずがずれているため、全体のかみ合わせがゆがむ
  • 食事のとき全体の歯をバランスよく使えていない、一方の歯で噛む癖があるなど
  • 姿勢に偏りがあって全身のバランスが崩れてしまい、かみ合わせもゆがんでしまった
  • 歯周病によって歯並びが変わり、かみ合わせが変わった

いずれの場合も、長い時間をかけて歯が動き、かみ合わせが悪くなっていきます。すぐに症状が出るわけではないので、不調の原因がかみ合わせだと気づかない場合も多いのです。

当院では、かみ合わせの診断と顎関節の診断を行い、必要に応じて矯正治療を行います。

提携駐車場あります