一般歯科、口腔外科、小児歯科、インプラント治療、
入れ歯、矯正歯科のよしだ歯科診療室

よしだ歯科診療室

提携駐車場ございます
ご予約はこちらから
求人情報

よしだ歯科診療室

MENU

根管治療

Root canal treatment

 

根管治療

根管治療とは

根管治療とは、虫歯が進行し、神経まで到達してしまった場合、根管(歯の中にある細い管)から死んだ歯髄(神経や血管)や汚染された象牙質を取り除き、根管の中を洗浄、消毒する治療のことを言います。

この治療を行なうことにより、虫歯がしみたり、激しく痛むことがなくなりますが、歯髄を取ってしまうと血液の供給がなくなるので歯に栄養が届かず、歯自体が弱くなってしまいます。

当クリニックはできる限り歯髄を残すようにしていますが、痛みが治まらず、やむをえない場合には除去しています。

根管治療に必要なラバーダム防湿とは

ラバーダム

根の治療で一番大事なことは、「いかに根の中を無菌的に近づけ、きれいにするか」です。

お口の中がきれいな人でも唾液の中には「無数の細菌」が存在しています。

ですから、根の治療中に「うがい」をしたり、「唾液が入ってしまう」と、 根の中に細菌が入り込み数ヶ月後~数年後に再発するリスクが高まります。

唾液が入ったとしても治療している期間は全く症状が出ないことがほとんどで、 数年後に「根が膿んだり」「痛みが出たり」「歯茎が腫れたり」してきます。

当クリニックでは再発をできるだけ少なくするよう「ラバーダム防湿」を行なうことがあります。

ラバーダム防湿とは治療中、口腔内の唾液や細菌の侵入を防ぐために、 根管治療する歯以外の部分を薄いゴムのシートで覆う方法です。

当クリニックでは、根管治療をより安全に進めるため、また、根管治療後も末永くご自身の歯を守っていけるよう、奥歯などは「ラバーダム防湿」を行ない、より無菌的な衛生環境での根管治療を行なっております。

ラバーダム防湿法のメリット

実施している医院は10%以下となります。行わない場合とでは治療の質が格段に変わってきます。奥歯の根管治療の際には積極的に行っています。

※歯の状態によっては行わない場合もございます。また、前歯でもラバーダム防湿法希望の際はお申し付けください。

なお、鼻呼吸ができない方、口を開けているのがつらい方には適さないこともあるので、どのような方法なのか事前に詳しくご説明をさせて頂きます。

提携駐車場あります